読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある技術者のお遊びフライト日記

ゲームをきっかけに国内飛び回る謎な人の日記。時々技術ネタもご提供。

SINOBUZ全国行脚達成もかねて陸マイラーを始めてみようと思う

陸マイラー 雑記

唐突な出だしだけどそんなことを思いついた。

以下、まずは簡単に箇条書き程度で謎(ビッグ)ワードを説明します。

ビッグワードのご説明

SINOBUZって何

beatmania IIDX24 SINOBUZのこと。
音楽ゲームで有名なビートマニアビートマニアでも、ボタンが7つでスクラッチが1つ、DXという文字が付いていることから通称「寺」と呼ばれるもの。
稼働開始は2016年10月26日。

全国行脚って何

少なくともIIDX15以降、全国どの都道府県で最低1回はプレイしたか?という履歴が残るようになった。
その履歴を日本全国47都道府県で残す、つまり全都道府県で最低1回プレイすると得られるゲーム中の実績。金と時間があまりにもかかるので基本的に達成は困難である。

しかもひとつのバージョンだけで有効で、次作が出るとこの履歴は引き継がれないという、なかなかいやらしい実績でもある。
実際の履歴を確認する画面はこんな感じ↓

f:id:idinor:20170112234650p:plain

(画像はIIDX23 copulaでの私の行脚履歴。現行の24 SINOBUZには引き継がれていない)
ちなみに公式サイトの行脚ランキングでは、達成したつわもの達を確認できる。上位者は海外も行くので、なかなか頭がおかしいという印象を受けることかと思う。
参考:http://p.eagate.573.jp/game/2dx/24/p/ranking/visit/visit_area_ranking.html

さらにゲーム内で使用されるアバターやプレイ画面カスタマイズに使うアイテムの購入ポイントを、各都道府県・北海道や東北などの各地方・全国行脚達成のたびにもらうことができ、そのポイント数は各都道府県行脚 < 各地方制覇 < 全国行脚の順で大きくなる。

最近はこのポイントを使って楽曲解禁ができるようにもなっているが、そのために行脚をするのは効率が非常に悪い。普通に数百回プレイしたほうがずっと安上がりである。

陸マイラー

航空各社では、自社もしくは提携会社の航空機に乗るたびに、運行距離に応じたマイルというポイントがたまる仕組みになっている。
そのマイルを、実際は航空機に乗ることなくためる行為をする人のことである。
この「陸地に居ながらにしてマイルを貯める人」を格好良く表現した言葉。

航空会社によってはマイルをその会社内だけで使える金銭として扱える制度を整えているところがあり、それを利用すれば総額ベースで大きな額の身銭を切ることなく、航空機で全国各地を飛び回ることでさえも可能となる。
当然費用は国内線よりかかるが、世界各地飛び回るような行為でさえも(やろうと思えば)可能。

本題

原点は2014年に行っていたことまでさかのぼる。
当時、自分は青春18きっぷをメインに、故郷の福島から遠くは福岡まで、一人で行脚をしたことがある。
もともと「どこか見知らぬ土地に行ってその場の雰囲気を味わうのは楽しいものだ」、「窓から外の景色を見ながらぼんやり何か考え事をすることに至福の時を感じる」*1という、多くの人からはあまり理解されないであろう気質もあって、苦痛さはなくむしろ楽しかったことを覚えている。

下の画像はその時の行脚実績。

f:id:idinor:20170113001042p:plain

このときから、「全国いろんなところを回って遊んでみたい、だけどどうやったらできるのだろう」と思うようになった。
青春18きっぷでできないこともないけど、それで全国回れるのは大学生の夏・春休みくらいだと思う。*2社会人には到底無理だ。

上の画像の行脚をする中で、一度福岡まで出てから戻ってくる形で愛知まで攻めたとき、羽田から福岡まで飛んで気づいた。
「空を飛べばいくらでもできるじゃないか」と。

空を飛ぶことの課題

やはり運賃がかかること。当時は(というかこれを書く少し前まで)陸マイラーなど知らなかったので、飛びまくる形では無理だろうと思っていた。*3

気づき

つい先日、中国地方+愛媛&香川行脚の際に東京との往復を空路にするという暴挙に出たついでにANAマイレージクラブに入会したところ、フライトごとにANAマイレージがたまるという至極当然な事実に気付いた。

父親が以前出張を重ねて、マイルの特典航空券で那覇までのチケットが取れるとか言っていたので、「ためれば全国行けるんだな」という程度のことは思った。

じゃあどうやってためるのか。飛ぶ以外の方法はあるのか。

そんなことを思ってため方を調べるうちに、「ANAとマイルのパパじゃない」というその手では非常に有名なサイトの記事にあたり、陸マイラーという存在とその驚愕の事実を知った。

  • 全国いろんなところを低コストで回る手段がある
  • 窓から外の景色を見ながらぼんやり何か(適当な)考え事をしてストレスが解消される
  • ついでに全国行脚が達成できる

という自分にはメリット尽くしのこの方法、見逃すわけにはいかないと思って急遽やってみようと思った次第である。

現在の課題

最低でもクレジットカードを2枚追加で発行しないとできないのが陸マイラー活動なのだが、今現在TOYOTA TS CUBIC CARD ゴールドに入会申し込みをして審査結果待ちなので、カードの申し込みができない状態となってお預け状態である。

昨年も行脚をしていたのもあり、レンタカー使用の頻度が高かったことから割引率が高くなるカードを申し込んだのだが、これがリードタイムを生む原因になってしまっている。
ちなみに落ちると次のカード入会手続きまでは半年待ちとなり、さらにリードタイムが長くなる(信用情報から入会審査落ちの情報が消えるのには6か月かかるため)。

クレジットヒストリーについては支払い延滞等もなく良好なものなので、通過はするはず…だと思ってはいる。

今後の進め方

ちょうどPM的な業務も任されてWBSを書くようになったので、練習もかねてWBS引いてやってみるかと思ったりしている。*4

*1:何しろこの行為だけでストレス性の頭痛がほぼ治まるほど

*2:福島から福岡でも、各駅停車中心で2日で行けてしまう

*3:鉄道でもこれは同じである。ただ、空路は事前割引制度が非常に充実しているため、鉄道よりは難易度が下がる

*4:目指せスーパーフライヤーズ